2007.11 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2008.01

まんが道巡礼ツアー 〜其の四〜
さて、ようやくこの「まんが道巡礼ツアー」も折り返し地点にやって参りました。
今回は巡礼ツアー、前半戦最大の山場でございます。

さて、「まんが道」を語る上で、決して忘れてはならない存在がいます。
主人公、満賀道雄(A先生)が新聞社務め時代に恋をしていた
「竹葉美子(よしこ)」さんという女性。





初登場シーンのこの扱いから、
どれだけA先生にとって大きな衝撃を与えた女性だったか容易にうかがえますね。

この二人の恋路というのは、是非、本編を呼んで頂きたいのですが、
竹葉さんと満賀君は一度、高岡でデートをしてるんです。
「ここはね高岡ではカレーライスが一番おいしいとこなんだ。」
と、二人はカレー屋で食事をしました。

残念ながら、そのカレー屋がどこなのか、
勉強不足の僕達四人は突き止める事ができませんでした。

が、やはり昼ご飯はカレーを食べるべきだろうと言う事で、
高岡で一番大きなデパートに行って頂きました。





そして、
満賀「あのね、ぼく肉と魚によわいんだ」
竹葉「でも満賀さん、カレーライスなら大丈夫なの?」
満賀「うん、お肉さえ食べなきゃいいんだ」
竹葉「まー、ヘンなの!」

という会話に基づいて、僕らも...







本当に、馬鹿4人です...
そして今でも、お皿を下げる時の店員さんの不思議そうな表情をくっきりと思い出せます。


追伸
前回ご紹介した「大杉堂のおやき」について質問を頂いておりました。
お値段は一個105円で中のあんは...確か、つぶあんだったような...
あれだけ押してたのに情報がイマイチ曖昧でごめんなさい(><)
でも、味の美味しさは確かです!(笑)

【2007/12/19 17:11 】
| 「まんが道」巡礼ツアー | コメント(1) | トラックバック(1) |
トップへもどる
まんが道巡礼ツアー 〜其の参〜
今回は特に「まんが道」の本編とは関係ないんですが、
A先生が大好物だという高岡市の名物をご紹介。

こちらのお店、





「大杉堂」の、




「おやき」。

昔から大好物らしいです。
お店に入ると、あのピーコさんも「花丸マーケット」に出演した際、
これをお土産として持参という写真もはってありました。

このお店から100メートルも離れていない所に、
「ドラえもんの散歩道」という公園があったので、
そこで男(バカ)4人で食べる事にしました。

ちなみに、この「ドラえもんの散歩道」には、
ドラえもんに登場する主要キャラクター達のブロンズ像が佇んでいます。

こんな感じで...





何故かスネ夫だけ逆立ちしてたけど...





ね。
さすが、「銅器の街」、高岡です!

さて、気になる名物「おやき」の味なんですが...

「んま〜い!!」

皆で口を揃えました。

味はよもぎ餅のような感じなんですが、
名前が「おやき」って言うだけ合って、
焼いてある部分がとっても香ばして、
これがくせになるたまらない逸品です。
A先生がこれを大好きだというのも納得です!

高岡に行った際には、是非この「大杉堂のおやき」ご賞味下さい。
タクイチオシです♪




【2007/12/13 19:41 】
| 「まんが道」巡礼ツアー | コメント(1) | トラックバック(0) |
トップへもどる
まんが道巡礼ツアー 〜其の弐〜
続いて向かったのが、
藤子不二雄両先生が通われていたこちらの本屋、「文苑堂書店」。




高岡の駅前のメインストリート、スエヒロード沿いにあります。
A先生の家からも300メートル程の距離で、
本当に良く通ってたんだなって事が伺えます。

この文苑堂は「まんが道」にも度々登場する本屋さんです。




手塚治虫先生の初期の名作「メトロポリス」や、
「ロストワールド〜来るべき世界〜」(実際には激河大介が購入して彼らにプレゼント)、
そして、二人が投稿に明け暮れた「漫画少年」という雑誌を、
いつもここで買われていたようです。
(「漫画少年」については、また機会があったら熱く語りたいと思います。)

さて、そんな藤子両先生とも関わりの深いこの本屋さん、
中に入ると、やはりありました!
お二人の直筆サイン色紙!!

許可をもらい写真を撮らせて頂きました!











どうです!!?
お二人の代表作の主人公、喪黒福造とドラえもんが、
こうやって色紙に描かれ、飾られてるんです!!!

僕ら男(バカ)4人、興奮してしまい、
何枚も何枚も写真をパシャパシャ〜、パシャパシャ〜と...
店の前でも何枚もパシャパシャ〜、パシャパシャ〜と...
そんな僕らを、温かく見守って下さったお店の皆様に本当感謝しております。。

記念に何か欲しいと思い、富山県の地図と、
ドラえもん特設コーナーがあったので、
「ドラえもん 傑作選 上下巻」を購入。
こちらは先日、高岡土産として番組でプレゼントさせて頂きました。





【2007/12/12 16:43 】
| 「まんが道」巡礼ツアー | コメント(2) | トラックバック(0) |
トップへもどる
まんが道巡礼ツアー 〜其の壱〜
初めに断っておきます。
この「まんが道巡礼ツアー」、かなりディープな世界をご紹介しております。
ここから先を読まれる方は、覚悟の上お進み下さい。
そして、これを機に少しでも「まんが道」の世界に興味を持った方は、
一読する事をオススメ致します。
より、この「まんが道巡礼ツアー」をご理解頂ける事かと存じます。

では、「まんが道巡礼ツアー」の幕開けです...!

高岡の駅に降り立ってからまず向かったのが、
駅から200メートルくらいのこの場所。





一見するとただの空き地ですが、
ここはA先生こと安孫子先生が住んでいた家の跡地なんです!!

「まんが道」に出て来るこの家があったのがここなんです!
(こたつに入ってニタニタしてるのがA先生のモデル、満賀道雄)





前回、高岡に来た時、偶然にも、
この空き地のすぐ裏手にあるホテルに泊まったんです。
A先生が曲垣(まがき)平九郎の模写をここでしてたんだと思うと、
興奮して中々寝付けられなかったものです。





さて、こんな調子で「まんが道巡礼ツアー」は続いていきます。。
【2007/12/08 00:17 】
| 「まんが道」巡礼ツアー | コメント(3) | トラックバック(0) |
トップへもどる
結果報告が
遅くなってしまい、申訳ございません!
先日、お伝えした「アイシン シーホース vs トヨタ自動車 アルバルク」の
首位攻防戦なんですが、金曜日、土曜日と両日共に勝利し、
現在JBL単独首位に立っております!!
12月は南は九州、佐賀県から北は北海道とアウェイでの試合が続きますが、
この好調を維持したまま、年明けのホームゲームを迎えて欲しいですね!!
アイシンファン、そしてバスケット好きな方はもちろん、
まだ一度も生でバスケットの試合観戦をした事が無い方も、
是非、一度ウイングアリーナ刈谷に遊びに来て下さい☆
次回のホームゲームは来年1月26日(土)と27日(日)です。
僕は27日(日)にまたゲームアナウンサーを務めさせて頂きます!

さて、話はガラっと変わりまして、
僕、先日ここに行ってきました。






富山県高岡市です。
ここは、藤子不二雄両先生が育った街なんです!
何度か番組でも話したりしてますが、実は僕、
小学生の頃、本気で漫画家になりたったんです。
将来は「トキワ荘」に住んで、寺さんや、フーちゃんみたいな仲間を作って、
藤子不二雄先生みたいに子供に夢を与える大ヒットを飛ばすんだ!
...てな事を本気で思い描いていました。

さて、ここからが本題。
漫画家を目指していた頃の僕が毎日のように呼んでは勇気をもらった漫画があるんです。
それが藤子不二雄A先生の超大作「まんが道(みち)」。
これはA先生こと安孫子先生による、
F先生こと藤本先生との出会い、
そして二人で歩む事となった「まんが道」...これを描いた自伝漫画です。)
この「まんが道」の前半部分が二人の学生時代、そう富山県高岡市が舞台なんです!
今回はこの「まんが道」にゆかりのある所を巡るという、
「まんが道巡礼ツアー」をして参りました!

...実は僕、去年も行ってるんです、母真里子と弟祐亮と。
その時は僕一人興奮してしまって、正直二人には申訳ない事をしてしまいました。
そして、それと同時に、
読み込んだ者にしかわからない本当の感動を共有できなかったのがとても残念でした。。

でも、今回の「まんが道巡礼ツアー」、
感動を共有できる仲間がいるんです。
まさかこんな所で出会うとは...
ZIPに出入りする某レコード会社のプロモーター二人と,
半ば強制的に「まんが道」を読まされた番組AD...僕含め、計男4人で行って参りました。
はい、気持ちが悪いのは重々承知しております。
でも、誰も僕らを止める事はできなかったんです!No One Can't Stop Us!

現地で膨大な写真を撮って参りました。
これからしばらく、この「コバタクの日記、」では、
まるで映画「Stand By Me」のような、
大の大人(バカ)4人による男のロマンを求めた旅にお付き合い下さい!

追伸
今日の番組「Saturday Go Around」では、
この「まんが道巡礼ツアー」で購入してきた素敵なおみやげプレゼントもあります!
どうぞ、お聴き逃し無く♪



【2007/12/01 03:27 】
| バスケ! | コメント(2) | トラックバック(0) |
トップへもどる
| ホーム|