2009.02 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2009.04

コバヤシアター♪

どーも、コバヤシアターへようこそ〜。

今週ご紹介する映画はただいま絶賛公開中...

「イエスマン」!!


20090331195407



別に急にテンションあがったわけではありません。
こういうタイトルです。
こんなサブタイトルもついてます...「"YES"は人生のパスワード」
何のことでしょうね〜。気になりますね〜。


さて、主演はジムキャリー!
まずは簡単なあらすじを...


ジムキャリー演じるカールは何に対してもネガティブ。仕事でも私生活でも全てを「NO」と何だかんだ理由をつけては断ってました。あげくのはてには、親友の婚約パーティまですっぽかすありさま。


「このままだったらお前は一生、一人ぼっちだぞ」って親友に言われるカール。


その言葉が胸に残るカールはひょんなことからとあるセミナーに参加。
そのセミナーには一つだけルールがありました...



全てを”YES”で答えること。



それがどんなことであってもYES。知らない人に「ねぇ、携帯かしてよ」とか「お金貸してよ」とか言われてもYES。


そうすることによって人生は好転する...


半信半疑で実行したカール...しかし、そこから彼の人生は変わり始めます!


"YES"と答えたからこそ偶然出会えたアリソン(ゾーイ・デシャネル)はそんなカールに惚れ込みます。


人生が一気に好転しだしたカールだったんですが、思わぬところに落とし穴が...



と、こういったあらすじとなってます。



この映画、見所としてはたくさんあります。この全てを”YES”と答える生き方。
そうすることによって人生が前向きになるってのは、ま、全てを”YES”とまでいかなくとも、「1日1"YES"」くらいでどんどん前向きに行動することが大事だと、あの脳科学者の茂木健一郎さんもこの映画を観てそんな風にインタビューで答えてます。



だからこの映画にこめられたポジティブなメッセージを取り上げても良かったんですが...



僕はあえてここに注目して頂きたい...「顔の表情」!


...



ジムキャリーが主演の映画で今更何を言ってんだって思われた方も多いと思います。


はい、ジムキャリーといったら顔芸。
顔芸といったらジムキャリー!
もうそれくらい、この人の顔芸は他に類をみないくらい素晴らしいです。
だってあの志村けんさんも著書「変なおじさん」でジムキャリーの顔芸を絶賛してましたからね(確か)。


ジムキャリー主演の「マスク」って映画が昔流行りましたが、あの映画だってジムキャリーだからこその企画だったと思うし、ジムキャリーが最も自分の顔芸を芸術にまで押し上げた作品だったって言っても過言はないと思います。
(だから「マスク2」ってのもあるけど、ジムキャリーが主演じゃないから申し訳ないけども観る気がしなくて未だに観てないもの)。


だから、何を今更”顔の表情”なんてのを見所として言ってんだって思う方は多いはず。


ただ、聞いてください!
最近、ジムのやつ...自分は顔芸だけの俳優じゃないと思われたくないのか、何なのか理由は定かじゃないけど、ちょっとシリアスな映画への出演が目立ってました。それはそれで僕は大好きです。でも、でも...やっぱりジムの顔芸が観たい!



そしてこの映画では...



YES!! ジム IS...BACK NOW!!
イエスマン!!フッフー!!!



彼は戻ってきました...顔芸の達人として...



それはそれは表情豊に色んな顔を見せてくれます。
特に必見は、ジムがハリーポッターのコスプレをするところ!


映画館で観てて、久々に声出して笑っちゃいました。


長々とジムの顔芸を熱く語らせて頂きましたが、彼だけじゃなく、他の役者さんの顔の表情も要チェックです。


特に画面上でメインで喋ってる役者さん、例えばジムキャリーが何か台詞を言ってる横にいる人の表情とか、ここにも是非ご注目頂きたい!!



「良い役者は誰かが台詞言ってる時に、どんな表情でそれを見ているかで決まる」



ってのを映画監督の誰かが言ってました。



まさにそんな役者としての真骨頂を一つ一つの場面で楽しめる映画「イエスマン」!



笑えて、底抜けにポジティブになれる、映画を娯楽として改めて認識させてくれる映画、「イエスマン」!!



お見逃し無く!!絶賛公開中です、「イエスマン」!!!

【2009/03/31 19:54 】
| コバヤシアター | コメント(2) | トラックバック(0) |
トップへもどる
グレゴリウス7世
20090331120002
・・・

誰??

でもこんな顔みたいですw
【2009/03/31 12:00 】
| 未分類 | コメント(5) | トラックバック(0) |
トップへもどる
社会のノート
20090331115406
高校時代の。

この前実家帰った時、おかんがどっかからか引っ張りだしてきました(笑)

とってたんだね〜。

昔から歴史が大好きで、ほんでもって小学生の頃は藤子不二雄先生に憧れて漫画家目指してたから、ノートまとめる時は絵を必ず描いてたんですよ。

本題よりもそっちの方が時間かけてたかも(゜_゜
【2009/03/31 11:54 】
| 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) |
トップへもどる
うぉー!
たっくさんのコメント、ありがとうございます!


一つ一つが本当に励みになります。。


こうやって皆さんから頂いた”元気”をこれから朝の番組でまたお返ししていきます!


いよいよ明日から...


ドキドキ。


【2009/03/31 11:23 】
| 未分類 | コメント(5) | トラックバック(0) |
トップへもどる
5時らのお兄ちゃん
2年間担当させてもらったZIP-FM Saturday Go Around。


僕、小林拓一郎が担当するのは昨日が最後でした。


振り返るとあっという間の2年間。


でも...2年間って専門学校とか短大を、入学から卒業するまでの期間と一緒。


学校と同じ様に...本当にこの番組にはたくさんのことを教えてもらいました。


土曜の午後...基本的にはお休みの方が多く、のんびりした週末の午後を演出する気持ちで喋ってきました。


はい、もちろんその中には「5時ら〜」や「コバショー」なんかのアクセントも入れつつ、時にテンションも高くでしたが(笑)


でも、「5時ら〜」なんかは本当にたっくさんの方からの反響を頂きました。


それはZIPに届くメールやファクシミリしかり、僕の周りの友達や新しく知り合う方からも。


ただただ時報をゴジラのテーマと共に言ってただけなのに...


「あれ聴くと、その日仕事だった時とかも疲れが吹っ飛ぶんだよね!」


とか、飲食店を営んでる方とかは、


「あの合図と共にお店をオープンするんですよ」


とか言って下さいました。


公開生放送の時には必ずお子さん連れのファミリーに、


「5時ら、5時らやって!!」


っていうリクエストを頂いてました(笑)


番組のディレクターの5歳になる可愛いお子さんも...


「5時らのお兄ちゃん!」


って呼んでくれます(笑)


あさひ君、これからはそうじゃなくなるけど、お兄ちゃんのことそうやって呼んでね(笑)


聴いて下さった皆さん...


本当にありがとうございました!


そして...


公私ともにずっと支えてくれたスタッフの皆さん...


本当にありがとう...


昨日、番組後の打ち上げで締めの挨拶をさせてもらって、全然言葉足らずだったかもしれなかったけど、あれ以上喋ったら皆がドンビキするくらい顔グチャグチャにして泣いちゃってた思うから...


でも、語りつくせない感謝の想いでいっぱいです。。


だめだ...こんなして書いてるだけでこみ上げてくるもんがいっぱいあって...


本当に本当にありがとうございました。


そして、これからもヨロシクお願いします。


番組を違えど...いつか、また一緒におもしろいことやりましょう!


その時、「何だあいつあれから全然変わってないじゃん」なんて思われないよう...


皆さんの期待を裏切らないよう...


全力で朝の番組に励みます!!


それが皆さんへの恩返しにもなると思ってます。


DOTHEROCK!の時同様、ごめんなさい、ここではスタッフへの感謝の想いも募らせて頂きました。


4月から月曜〜金曜まで、朝の番組「Morning Charge」(6時〜9時)を担当することになりました!


朝の番組をやるってのは...この仕事を目指し始めてからずっと夢でした。


でも...夢ってのは叶えてからが本当の始まりだと思ってます。


基本、ワーワーやるコバタクスタイルってのはどこの時間帯に行っても変わらないと思うし、そして少し騒がしい朝になるかもしれませんが(笑)


どうぞ、皆様...今後とも小林拓一郎をヨロシクお願い致します!!



【2009/03/29 12:54 】
| 未分類 | コメント(15) | トラックバック(0) |
トップへもどる
| ホーム| 次ページ