2011.10 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  » 2011.12

クリスマスプレゼント!


この前の週末、最高のクリスマスプレゼントが届きました!!!


・・・正確にはまだ届いてないんですが、プレゼントがもらえるよっていうお知らせが飛び込んで来たんです。


はい、NBAがクリスマスよりシーズンスタート致します!!!
ぱちぱちぱち!!!


何でしょうか・・・半ば諦めていた時に届いたこの吉報。


「え、今日誕生日だったっけ??ごめーん、すっかり忘れてた!」


って言われてベランダですねてたところ、部屋の電気が一瞬暗くなったと思ったら「Happy Birthday To You〜♪」って声と共にケーキがでてきた!みたいな。
しかもそれが大好物の31のアイスクリームケーキだった!みたいな。


もう、にくいんだから!


ここ数ヶ月、オーナー側も選手側もとにかく話し合いを続けました。


問題の根本となっていたバスケットボール関連収入(BRI)の取り分については、50対50を基本線に、選手協会が49から最大で51%を得られるという内容に落ち着いたとみられている。


オーナー側がどうやらこの一線を譲ったと。


かつてデトロイトピストンズってとこでチームを引っ張って、あのマイケルジョーダンの最大のライバルなんて言われたこともあったアイザイア・トーマスって人もこう言ってます。


「合意に至って私もホッとしている。社会におけるバスケットボールの影響力は大きく、人々を1つにしてくれる。」


”人々を1つにしてくれる”って言葉があるように、アメリカは日本以上に各地域にスポーツが根付いてる国です。


例えば、試合を行うアリーナ(会場)だって、元々は地域の人たちの税金がかなり多くつぎ込まれているんです。


そりゃ地域のファン達も真剣に心配もするし、怒りもするわけです。


「NBAやんなかったらこの冬を一体どう過ごせっていうんだい!?」


と9月にオレゴン行った時、向こうの友達がこう口にするのもあながち大げさなことじゃないんです。


今回の一連のバタバタはお金でもめたっていう印象がどうしてもまだ拭えないですが、一度やる方向で決まった以上は、一つオーナーも選手も一丸となってファンのために動いてもらいたいです。


かつて同じようにシーズン途中から始まったことがありましたが、その時はやはりバスケファンはNBAから離れ、カレッジバスケに熱中してました。


ここはプロの意地というか誇りをもって、”エンターテイメント”としてのサービスをアリーナに足を運ぶファン、またTV、ネットで観戦するファンに届けてもらいたいものです。


昨シーズン以上のファイナルを魅せてくれることを期待してます。


20111130182204



今月号の「DUNKSHOOT」の特集、「RISING STARS」を読んでて更に気分が盛り上がって来ました!!!


ローズ、デュラント、グリフィン、ウォール、ルビオ、オルドリッジにオデン(!?)・・・

NBAには次世代を担う将来楽しみな選手がたっくさんです!!!


iPhoneから送信

【2011/11/30 18:22 】
| バスケ! | コメント(0) | トラックバック(1) |
トップへもどる
スライムが・・
食べられた!

20111129113004


iPhoneから送信

【2011/11/29 11:30 】
| 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) |
トップへもどる
スライムが・・
なついた!

20111129112907


iPhoneから送信

【2011/11/29 11:29 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トップへもどる
スライムが・・
仲間になった!

20111129112904


iPhoneから送信

【2011/11/29 11:29 】
| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
トップへもどる
スライムが・・
現れた!

20111129112803


iPhoneから送信

【2011/11/29 11:28 】
| 未分類 | コメント(1) | トラックバック(0) |
トップへもどる
| ホーム| 次ページ