2012.07 «  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  » 2012.09

大人のための食育!


先日、久々に野菜教室に行ってきました。




いつもだと、一つのテーマ野菜があって、それについて詳しくお勉強するんですが、昨日はちょっと違って、「大人のための食育」というテーマで授業を受けてきました。




講師の先生は、TVなどでもご活躍されてる料理研究家の田中稔先生。
実は僕のジュニア野菜ソムリエの時の先生でもあり、先日は、空木マイカちゃんの番組にもご登場されてました。




「食育」、今でこそちょいちょい色んなとこで耳にするようになった言葉ですが、それでもまだまだ言葉自体の認知度も低く、考えとしても世の中に知れ渡ってるとは言い難い状況です。



(だって、3年前に買ったパソコンですが、一発でこの言葉が変換されないんですもの)




「食育とは?」・・・基本から学ぼうとすると色々と難しい言葉や理念もいっぱい出てきます。それこそ、”フードマイレージの問題”であったり、環境問題から作物の栽培方法、摂取カロリーに食事バランスに・・・




突っ込んでいけばいくらでも出てくるんですが、そこを、田中先生はとてもシンプルに教えてくださいました。




「家でご飯を作る!そして、作る時に素材をしっかり選ぶ!」




まずこの「家でご飯を作ること」ですが、これによって、子ども達に「腐ってるものとそうでないものの判断をさせることができる」そうです。




これって結構重要で、僕ら大人もそうですが、「あ、賞味期限切れちゃった」って理由だけで食べ物を捨てちゃったりすることってあるじゃないですか?




昔はしっかり匂いかいで判断してたなって。




家でご飯作ることで、こういう当たり前に思うことだけど、教えることができる。




そして、「作る時に素材をしっかり選ぶ」、これはやっぱり”フードマイレージ”の問題にもつながってくるんですが、やっぱり地元で穫れたものを地元で食べる、なるべくこれを実践していきたいですね。




昨日は”枝豆”の試食もあったんですが、やっぱりね、冷凍のものと新鮮穫れたてのものとは・・・香りが全然違う!




僕は少しいぶしたような深みのある香りを感じたんですが、鼻に抜けてく時の香りが違って、人の味覚は様々なんであれですが、僕は断然こっちの新鮮な枝豆の方が美味しくて好きです。




野菜嫌いな子どもがいるのは仕方が無いことだけど、野菜本来の持ってる味を知らずに嫌いになっちゃうってのは、やっぱり・・・ね?




本来ならむかーしから全部やってることだったりするんだろうけど、時代が変わるにつれて見落としてきちゃったものをしっかり伝えてく義務・・親としてあるなぁって改めて思いました。



田中先生は昨日の授業の初めにこんなこともおっしゃってました。




「皆さんは野菜ソムリエの資格を持っていて、この野菜を食べるということを中心に、どう世の中に伝えていくのか?これを仕事としてどうやって広めていくのか?僕はここをしっかり教えて、皆さんに伝えられることは全部伝えていきたい」と。




確かに、僕も”ジュニア野菜ソムリエ”の資格を取ってから、これでもう2年以上が経ちますが、未だ、この資格を活かしでギャラを頂く仕事ってのはしてないです。




が、こうやってマスコミにいる人間として、こうやって学んだことを自分のフィルター通してリスナーの皆さんにお伝えできるってのはとてもありがたい立場です。




野菜ソムリエの勉強し出してから、やっぱり普段の食生活での意識は大分変わって、特に今は、自分が一人の親って立場になって、更に色々考えるようになりましたね。




なんか、せっかくだからいつか「親子のための”モーチャー的食育”イベント」みたいの開けたらいいなぁって。




いっぱい美味しいものの試食ありで、とにかくやってる方も参加する方も楽しく学べる場ができたらなぁって勝手に青写真だけは描いてます。



【2012/08/31 12:30 】
| 野菜ソムリエ | コメント(0) | トラックバック(4) |
トップへもどる
大学巡り

先週末、名古屋外国語大学のオープンキャンパスのお手伝いさせて頂きました。




「オープンキャンパス」、そうです、現高校生たちが「どこの大学に進学しようかなぁ」って考えた時、より身近に大学を感じてもらうための大学側のプレゼンテーションです。




僕は日本の大学での受験経験が一切無いので、こういう「オープンキャンパス」ってのに参加したことはなかったんですが、それでもこの”大学を訪問する”っては好きで結構、旅先なんかで(海外でも国内でも)大学を見つけると必ずプラッと寄ったりしてます。




何か、「自分がここの大学生だったら・・・」って想像するのが超好きなんですよ。




「この木陰のベンチに座って本読んだりすんだろうなぁ」とか、「このカフェテリアでサークル仲間とペチャクチャ何時間も喋ってそう!」とか、「この食堂のカレーは毎回大盛りにして週一で必ず食べるな」とか。




で、もっと踏み込むと、




「この木陰のベンチで本を読んでたら、いつも同じ時間に会う女の子がいて、『何読んでるんですか?』って、向こうから声かけてきて、あわわ驚いてたら、『あ、私もこの作者好きなんですよね』って。で、よくよく聞いたら向こうは一つ上の学年で、この人も食堂のカレーが好きで・・・」




なんて想像がもはや妄想に変わっていったりするので、途中で現実に戻るようにしてます(笑)




何にせよ、好きなんです、大学の持つ雰囲気ってのが。
何か意欲に満ちてるっていうか、あのパワーがあって開放的な感じが。




で、僕は昨日その「オープンキャンパス」で何をやったかって言うと、「クラブ発表」のステージのMCです。




ダンス部、居合道部、アカペラサークル、ブラスバンド部、パフォーマンス部・・・




それぞれの部がたくさんの人前で披露するチャンスということもあり、気合い十分でした!




ダンス部はブレイクダンスなんかも取り入れて会場を沸かせ、ガラッと雰囲気変わって居合道は静まる空気の中、「おりゃー!」の掛け声と共に、目の前の仮想の敵を一太刀・・・!




アカペラサークルは、チームに分かれてドリカムやラグフェアの歌で会場を包み込み、ブラスバンドはTVCMメドレーやいきものがかりでキャッチーにスウィンギンさせてくれて・・




そして、パフォーマンス部は・・・ジャグリングやマジックを披露してくれるんたんですが・・・「頑張れー!」の拍手が沸き起こり(笑)




ポイやってくれた子なんか、最後ポイが絡み合っちゃって、「あー、曲が終わるー!」ってなったタイミングで何を思ったか、持ってたポイ、放り投げてたからね。






・・・





あ、だからポイって言うんだ、みたいな(笑)




何にせよ、一生懸命な姿に心から拍手を送りたくなりました。





20120831122403





「オープンキャンパス」、中には高校1年生や2年生で来てる子もたくさんいたけど、きっと受験生の中には、僕のように”その学校でのキャンパスライフ”を想像しながら、一時の息抜きを楽しむことができたんじゃないかなって思います。




受験生、これからがラストスパート!



体調だけはくれぐれも気をつけて、頑張ってこうね!







iPhoneから送信

【2012/08/31 12:24 】
| コバナシ | コメント(0) | トラックバック(5) |
トップへもどる
清須会議


先日、「本を読むこと」なんてなブログを書きましたが、今日はオススメの本をご紹介します。





「清須会議」!






20120826221604







あの三谷幸喜が本のために書き下ろし、あまりの面白さにもう映画化も決定してる話題作です。




「清須会議」・・・これは、本能寺の変で織田信長が明智光秀に裏切られ暗殺された後、誰が織田家を継いでいくのかという後継者問題があり、それを家臣であった豊臣秀吉と柴田勝家が中心になって”会議”で決めて行ったもの。




戦国の世に似つかわしくない”会議”での決断・・・本の帯にも書いてありますが、「日本史上、初めて会議で歴史が動いた瞬間」と、まさにその裏舞台を描いた物語!




いわゆる一族経営の会社で言えば、「次の社長は誰だ!?」ってのを、そこそこ権力持った取締役たちがそれぞれ推してる社長の息子たちを担ぎ上げて虎視眈々と権力の座を狙ってる会議です。




まぁ、この裏の心理戦が面白くて、面白くて!




独白形式でそれぞれの主要キャラたちの心の声を元に話しが進んでいって、しかもそれが全部、現代の言葉遣いになってるから、感情移入がしやすい、しやすい(笑)




例えば、信長をお館様と呼び、心から彼を慕っていた柴田勝家の心の声はこんな感じ。




「おお、あそこに見えるは清須城。儂にとってもっとも思い出深い城だ。清洲が全ての始まりだった。お館様(信長のこと)の名を一躍全国に押し上げた桶狭間の戦い。あれ以来、お館様は駆けに駆けた。美濃攻略、姉川の戦い、比叡山焼き討ち、長篠の戦い。そしてお館様のお側には、いつもこの柴田権六勝家がいた。」




真面目です。不器用なくらい真面目です。でも、亡くなってからも信長への忠誠心は誰よりも強い、そんな柴田勝家の愚直さが感じられます。




一方、柴田勝家をかつては親父殿なんて読んで慕っていたものの、今では同じ筆頭家老という立場になり、信長亡き後、その権力を我が物にしようとする秀吉の心の声はこんな感じです。




「本来ならば会議は、明智を滅ぼしたオレが中心になって進めるべき仕事ではあるが、まあ、オレがやってもよかったんだけど、諸先輩がおられる中、オレ一人があまり出しゃばってもあれなので、ここは筆頭家老の親父殿(柴田勝家のこと)に花を持たせたわけだ。」




腹黒さ全開です(笑)




そんなとてつもなく腹黒いんですが、ただただ計算高いだけでなく、しっかりと相手の腹に飛び込んでいく愛嬌であったり、人の上に立つ度胸であったり、その辺の秀吉らしさも話しが進むに連れてしっかり描写されていきます。




ちょっとね、柴田勝家が秀吉に見事なまでに心読まれ、掴まれ、翻弄されてく姿が哀れで、哀れで・・・あまりにも哀れで逆に、きっと屈強で粗野な感じの男なんだろうけど、段々、可愛らしく思えてきちゃってね(笑)




僕は歴史が元々好きだからあれですけど、苦手だって人も、こういうお話だったら入り込んで楽しめるんじゃないかなって思います。




社会の先生は何かしら授業の参考になるんじゃないかなって思います。




「清須会議」、既に映画化も決定していて(来年の秋公開予定)、三谷監督曰く、物凄いキャストになるということです!勝手に想像膨らませちゃってますが・・・西田俊之さん、小日向さん、八嶋さん、中井貴一さん・・・それぞれが戦国武将に扮して・・・誰もが似合うw




何なら八嶋さんとかメガネかけた状態で登場しそうだし。てか、生瀬さんとか黒田官兵衛とか似合いそうww





iPhoneから送信

【2012/08/26 22:16 】
| コバナシ | コメント(0) | トラックバック(16) |
トップへもどる
コバヤシアター!




まだまだ暑い日が続いてますね・・・




怪談話、ホラーなんてのはいかがでしょうか?




(僕は基本的に大の苦手なんですが・・・)






「プロメテウス」!








20120824101505









あの「エイリアン」のエピソードシリーズにあたる映画なんですが、全く「エイリアン」シリーズを観たことない僕でも楽しめました。




・・・というか、本当、何年ぶりだろってくらいにSFホラー映画というものを観ました。




記憶の中では、前に僕が観た最後のホラーは「シックスセンス」(僕の中ではあれが限界の怖さです)、そしてSFホラーとなると・・・




子どもの頃に テンテン (って可愛い子が出てたのよ)観たさに無理やり観てた「キョンシー」以来じゃないかなって。




あれから20年以上・・・SFの技術はとんでもないことになっているわけじゃないですか!?




そして今では3Dが当たり前の時代となり、映画館にはIMAXデジタルシアター というド迫力の音響と大画面があって・・・




それはそれは、これぞまさに”衝動”という言葉がふさわしく、そんな”衝動”にかられ、心の底から大きな声で叫びたくなるほど・・・驚かされました。。




ずーっと、デンデンデンデン・・・デンデンデンデン・・・みたいな、寝付いた赤子を起こすまいみたいな音楽が流れてて、それがまたこちらをソワソワさせてきてね。




ストーリーとしては、”人類の起源”は宇宙にあるってことで、宇宙船「プロメテウス号」が地球を発つ。そして一度この宇宙船で発った乗組員たちは地球には戻れない運命にある・・・それは時間的に地球に戻ることが不可能だから・・・というのと、実際に目的の星で出会った謎の生命体らしき・・・




これ以上は言ってはいけない気がします。




あいつらに狙われる・・!




あいつらってのは・・・・あ、あ、あーーーーーーーーーーーーー!!!




今日からいよいよ公開です。




iPhoneから送信

【2012/08/24 10:15 】
| コバヤシアター | コメント(0) | トラックバック(5) |
トップへもどる
8月23日、晴れ


本日、8月23日、誕生日を迎えまして33歳になりました。
(パチパチパチパチ)ありがとうございます。




この33という数字・・・
自分のtwitterのアカウント名(kobataku33)にも入れてる数字で、自分の大好きなラリー・バードってバスケット選手の現役時代の背番号を拝借しております。




そうなんです、自分にとって好きな数字であり、何となくなんですが、子どもの頃から「33歳になったらきっと何か自分にとって節目を迎えてるんだろうなぁ」なんて勝手に想像してました。




ちょっと「33歳」ってキーワードでググってみたら、「あたりまえだけどなかなかできない33歳からのルール 仕事・人生・金 人生はこの年代で決定する」なんて本が出てきました(笑)




ちゃんと読んだわけではないのであれですが、概ねこんな内容みたいです。




33歳ってのは社会人になって10年以上が過ぎる頃で、仕事では中堅として中には管理職をまかせられるようになる。




プライベートでは結婚して家庭持って、子どもが生まれて・・公私ともに大きな変化を迎える時期。




確かに・・・自分で当てはめてみても、たくさんの諸先輩ナビゲーター方がいらっしゃる中、大分後輩ナビゲーターも増え、本当ちょうどZIPの中のキャリアで言えば真ん中ら辺。




そして、プライベートでは、今年子どもが生まれ父親となり・・・




自分が学生の頃思い描いていた未来(漫画家になるんだ!とかプロバスケット選手になるんだ!とか)とはさすがに違えど、遠からず、節目の年は迎えています。




どうやら、この本では、この33歳という節目の年齢をいかに乗り切るか!?何をし、何を言い、どう行動するか!?この一つ一つの行動が今後の人生に大きな影響を与える・・・からこそ、しっかり明確な軸を持って行動すべき、と教えてくれるみたいです。




なんか具体的なとこだと・・・「カッコわるいがカッコイイ」「腹をみせよう」「「借り」をつくるのも度量」「上司をたてろ」「上司に噛みつけ」「イキイキとしたパパになれ」「奥さんを包みこめ」「不機嫌な奥さんを放っておけ」「男なら書斎を持て」「睡眠へ投資せよ」「毎日湯船に浸かる」「お気に入りのペンと時計を持て」「忙しい時ほど良く遊べ」「せこい貯金をするな」「時間を買う」などなど。




何か読んでないけど、もう読んだ気になるくらい各賞のタイトルがわかりやすい(笑)




ザーッと見てみると、実践してることも多々ありつつ、そうか、自分のこの行動を推奨してくれる人もこうやっているんだなっていう変な安心感もあったり・・・(笑)




そして本の中には33歳という年齢を乗り越えた人生の先輩方の言葉も載ってるそうなんですが、皆が口を揃えて言うのが、「仕事が一番面白く、充実するとき。だからこそ、仕事に励んで欲しい」とのこと。




それは本当そうかも。




今年から番組的にも新しい試みで「グリー部」初め、大人の部活やったり、MOMUSICMOLIFEで改めて音楽を勉強したり、このコバナシのコーナーが始まったり・・・




他のお仕事では、今年からTVも少しやらせてもらったり、バスケのMCの仕事もより深く関わらせてもらえるようになったり・・・




自分なりに少しずつではありますが、変化を感じる年です。




そして、変化だけじゃなく、しっかり進化していきたい、そんな決意を新たにした33歳の誕生日です。



【2012/08/23 22:49 】
| コバナシ | コメント(3) | トラックバック(12) |
トップへもどる
| ホーム| 次ページ